« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年もありがとうございました!

こんなブログですが、いつも読んでくださった皆様、
今年も一年ありがとうございました。m(_ _)m

それからmixiページの絵も見てくださったこと、本当に感謝申し上げます。

まだ思うようなものは描けていませんが
絵に向かう時間をこれからも大切に使っていこうと思います。
来年もよろしくお願いいたします。

どうぞよいお年をお迎えください!

HANA confident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

業務報告と漫画のお話

デジタルで彩色していた絵が、一応出来上がりました。
出来上がってみると、あまり大したことなくてちょっとがっかりなんですが、皆さんに見ていただくことで進歩もすると思うので
とりあえずmixiページの方へアップしてみました。

でも作業中は楽しかったです。
ペインターは「デジタル水彩」の中のシンプル水彩が塗りやすかったかな。(私はですが。)
もっと上手く使えるようになりたいので、このまま勉強は続けますが
次は漫画の方も腰を据えて取り組もうと思います。


それから、今日読み終わった漫画の話しを一つ。
旦那が仕事場で読んでいたらしく「面白いよ!」と言って持って来てくれました。
タイトルは「雪人」。
原作・大沢在昌、作画・もんでんあきこ
スペリオールに連載されていたらしいです。

大沢在昌氏の小説「北の狩人」を、もんでんさんのアレンジで漫画化されたようで
刑事とヤクザの裏社会を描くハードボイルドものです。
私は、こういう漫画は好んで読む方ではないので、
旦那が持って来なかったらきっと読まなかったと思います。

話しは確かに面白くて、グイグイ引き込まれて一気に読めてしまいました。
そして、もんでんあきこさんの絵がメチャクチャ上手い!
自分のオタク度的には ''どストライク'' …とまではいかないのですが(^ ^:)
こういったジャンルの漫画では、珍しく「好み!」と思えました!

キャラたちがみんないい!
主人公の青年「雪人」はもちろん、オヤジたちがまたいいです。上手いなぁ。
私は「宮本」というキャラ(ヤクザですが)、好みであります。
雪人の(マタギ)のじっちゃんも好き。出番は少ないですけど。

第3巻のあとがきの中に、もんでんさんの「オヤジ萌え〜」なエピソードが書かれていたので、「なるほどな smile 」とうなずけました。

それからあとがきの中に、宮本が赤ちゃんを胸に抱く絵がありまして、
ちょっと気になっていたんですが...
全部読み終わった時その意味がわかった気がして、なんだか切なかったな。


私はこんな達者な絵は描けませんが、自分なりにがんばってみようと
気持ちを熱くした一日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

「蟲師」新作

先月の25日発売の月刊アフタヌーンに
蟲師の新作(特別読み切り・前編)が掲載されている。
そして次回後編に続いて、新年の1月4日には新作のアニメもオンエアされるらしい。

「蟲師」は、自分にとって特別と思えるほど大好きな作品です。
原作はもちろんですが、アニメ版「蟲師」は本当に素晴らしかった。

シリーズでオンエアされていた頃、当時の私は心をすごく弱くしてしまい
そのせいで周りまで巻き込んでしまうほど、自分の中に嵐が吹き荒れていました。
蟲師のアニメは、そんな自分を救ってくれたように感じています。
偶然目にした時「こんなアニメもあるんだなぁ」と、深い印象を持ち
その後、回を重ねて観ているうちに
自分の硬くなっていた心が、少しずつ解きほぐれていったように思います。

蟲師のアニメをまた観ることができるなんて!
前シリーズ同様、同じスタッフで制作されているとのこと。
1月4日が待ち遠しい....。

原作者の漆原友紀さんの「フィラメント」という短編集も大好きな本です。
まだ蟲師でブレイクされる前の、漆原さんの短編の数々が集められた作品集で
蟲師の元となった作品も収められています。
漆原さんの感性、世界観に深く感動しました。

最後に、アニメ版蟲師のサウンドトラックも、素晴らしいことをお伝えしたいです。

大好きな曲の中から一曲。「筆の海」
http://www.youtube.com/watch?v=IfPuTo9LmWk&list=PLCOA74037955771FF

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »