« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

近況報告

もうすぐ2月。早いなぁ〜

去年の12月から主人の仕事が忙しく、なんだか一緒に疲れ果ててしまった。
お正月休みはとれたものの、用事で動き回っていたせいであっという間に終わってしまったし、あまり休んだ気がしなかった。

ずっと寝不足で、昼と夜の逆転生活が続いています。
予定よりもスケジュールがずれてしまい、ズルズル仕事が延びてしまったことがさらにダメージになってしまったのですが、それもやっとあと一週間で終わりそうです。
先が見えてくると少しホッとする ^ ^

自分の仕事がない時でも、なぜか主人の仕事が忙しすぎるといつも体調を崩してしまう...

告知したマイミクさんのイベントも伺いたかったけれど、疲れが限界に来てしまって。
イベントに特別な思い入れを込めていらっしゃったようなので、気になっていたんですが...


こんな生活がもう長年続いている。
でも仕方が無い。できるだけストレスを溜めないよう、終わった後の解放感をできるだけ味わうようにしています。

主人が心臓に持病を抱えてしまったので、それだけが心配で無理しすぎる仕事はさせたくないんですが... どうしたらいいものか...。

とにかく健康は大事にしなければ!
うん!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

マイミクさんからの告知

mixiで交流のあるマイミクさんからの告知です。

今回行われるイベント開催に、力を入れていらっしゃいます。
微力ながらお役に立てればと思い、お知らせをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。


☆「2014. 1. 27(月)さよなら銀座スターホール」公演

(昼の部)
⚫︎出演
堀 絢子(俳優、声優)
※忍者ハットリくん
※新オバケのQ太郎
※ミイ(ムーミン)
※バート(シンプソンズ)
※ジェリー(トムとジェリー)

西塔紅美(歌手、女優)
※東京トイフェス
※仮面ライブ昭和
※大怪獣サミット
※横浜ワンダーランド
※浅草マルベル堂

(夜の部)
⚫︎出演
堀 絢子(俳優、声優)
西塔紅美(歌手、女優)
⚫︎特別出演
宝田 明(俳優)!!!
※ゴジラ
※モスラ対ゴジラ
※100発100中
※葉っぱのフレディ
※Godzilla(2014)新作!

握手会、記念撮影あり

時間のゆるすかぎり
トーク&サインします

お申し込み
http://timemachine-visionary.com

【公演日時・場所】

⚫︎27(月)
昼3時〜
夜7時〜
⚫︎銀座線銀座駅真上
サッポロ銀座ビル9F
銀座スターホール

★前売り特典
直筆サインプレゼント!

アニメ特撮の二大巨頭の初顔合わせが、
今月末消えて幻となってしまう、もう二度と入れなくなる
「銀座スターホール」で、ついに、実現!!!

ゴジラの目線で時計台をみられる最後のチャンス

戦前戦後のメロディーでさよなら、です...

昭和八十九年の思い出を共に...


⚪︎詳しい事などは、上の↑「timemachine-visionary」のサイトをご覧くださいませ。

以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

雨のウェンズデイ

今日は雨のウェンズデイ。
とは言っても、雨が降り出したのは夕方からで、水曜日ももうすぐ終わってしまうけれど...。

大瀧詠一さんが亡くなられましたね。
もうずいぶん前のこと、私が若くてピチピチだった頃(笑)、
大瀧さんの音楽にハマっていたことがありました。

たくさんの好きな曲のうち、特別に大好きだったのが「雨のウェンズデイ」。
大ヒットしたアルバム「A LONG VACATION」の中の一曲です。
他にも「恋するカレン」とか、ロックンロールテイストの「我が心のピンボール」とか好きな曲がいっぱいでした。

最近は大瀧さんの曲を聴くことはなかったんですが、突然亡くなられて、昔ずっと自分の傍らに大瀧ワールドがあったことを思い出しました。
当時まだCDがなくてレコードを買っていて、でもそのレコードももう手元にはなくて...
CD化されたものもたくさん出ていたのに、その後私は買うこともなく今に至ってしまいました。
それはハマる音楽がいろいろ移っていったからなんでしょうが... (・_・;

急に聴きたくなってyoutubeへ!
一曲目はやっばり雨のウェンズデイ。

懐かしかった。 なんだか涙が出そうだった...
もう30年以上も経っているはず... でも色褪せていない!
大瀧さんの、ちょっと気だるく甘い歌声は新鮮にさえ感じられました。

私がすごく小さかった頃、童謡以外で初めて音楽に目覚めたのは、外国のポップスでした。
特にアメリカンポップス。
その頃の日本の歌謡曲と呼ばれていた音楽には、あまり馴染めるものはなくて...

その後、ビートルズ、ローリングストーンズを聴いた時、世の中にこんなカッコいい音楽があったのか! と、カルチャーショックを受けて、''ロック=カッコいい!!'' が、子供だった私の頭にインプットされてしまったのです。(笑)

そんな音楽のルーツの延長線上に、大瀧さんの音楽はあったんだなぁと感じています。
日本においては偉大な方だったと思います。

大瀧さんの音楽は、どんな切ない曲にも体の中を吹き抜けていくような爽快感がありました。
ナイアガラレーベルを作られた初期の頃には、ナイアガラ音頭というコミカルな曲もあって、笑いのセンスもある方でした。

Amazonを覗いてみたら、どれも在庫なしで次の入荷は未定に。
私のように急に聴きたくなってCDを買った人が、きっといっぱいいたのですね。

ご冥福を心からお祈りいたします。


♪ 雨のウェンズデイ
http://www.youtube.com/watch?v=LGezyrhtPbc&list=PLP1D6ls6KLGNpyeGokvHJ9buYXI_BwkBa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »