« 今年もありがとうございました! | トップページ | マイミクさんからの告知 »

2014年1月 8日 (水)

雨のウェンズデイ

今日は雨のウェンズデイ。
とは言っても、雨が降り出したのは夕方からで、水曜日ももうすぐ終わってしまうけれど...。

大瀧詠一さんが亡くなられましたね。
もうずいぶん前のこと、私が若くてピチピチだった頃(笑)、
大瀧さんの音楽にハマっていたことがありました。

たくさんの好きな曲のうち、特別に大好きだったのが「雨のウェンズデイ」。
大ヒットしたアルバム「A LONG VACATION」の中の一曲です。
他にも「恋するカレン」とか、ロックンロールテイストの「我が心のピンボール」とか好きな曲がいっぱいでした。

最近は大瀧さんの曲を聴くことはなかったんですが、突然亡くなられて、昔ずっと自分の傍らに大瀧ワールドがあったことを思い出しました。
当時まだCDがなくてレコードを買っていて、でもそのレコードももう手元にはなくて...
CD化されたものもたくさん出ていたのに、その後私は買うこともなく今に至ってしまいました。
それはハマる音楽がいろいろ移っていったからなんでしょうが... (・_・;

急に聴きたくなってyoutubeへ!
一曲目はやっばり雨のウェンズデイ。

懐かしかった。 なんだか涙が出そうだった...
もう30年以上も経っているはず... でも色褪せていない!
大瀧さんの、ちょっと気だるく甘い歌声は新鮮にさえ感じられました。

私がすごく小さかった頃、童謡以外で初めて音楽に目覚めたのは、外国のポップスでした。
特にアメリカンポップス。
その頃の日本の歌謡曲と呼ばれていた音楽には、あまり馴染めるものはなくて...

その後、ビートルズ、ローリングストーンズを聴いた時、世の中にこんなカッコいい音楽があったのか! と、カルチャーショックを受けて、''ロック=カッコいい!!'' が、子供だった私の頭にインプットされてしまったのです。(笑)

そんな音楽のルーツの延長線上に、大瀧さんの音楽はあったんだなぁと感じています。
日本においては偉大な方だったと思います。

大瀧さんの音楽は、どんな切ない曲にも体の中を吹き抜けていくような爽快感がありました。
ナイアガラレーベルを作られた初期の頃には、ナイアガラ音頭というコミカルな曲もあって、笑いのセンスもある方でした。

Amazonを覗いてみたら、どれも在庫なしで次の入荷は未定に。
私のように急に聴きたくなってCDを買った人が、きっといっぱいいたのですね。

ご冥福を心からお祈りいたします。


♪ 雨のウェンズデイ
http://www.youtube.com/watch?v=LGezyrhtPbc&list=PLP1D6ls6KLGNpyeGokvHJ9buYXI_BwkBa

|

« 今年もありがとうございました! | トップページ | マイミクさんからの告知 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Really informative blog post.Really thank you! Really Cool.

投稿: Ariana | 2014年1月15日 (水) 22:05

clover Hello, Ariana

Thank you very much!
I'm very glad.

投稿: HANA | 2014年1月26日 (日) 04:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045348/54539481

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のウェンズデイ:

« 今年もありがとうございました! | トップページ | マイミクさんからの告知 »